もっと元気に、もっと美しく、さらに快適な明日を創りたい

三洋薬品グループ > 健康豆知識 > クリルオイルは老化による認知機能の低下を抑える

健康豆知識

健康

2018.02.09

クリルオイルは老化による認知機能の低下を抑える

アルツハイマー病などの脳の病気は、酸化ストレスがその進行において重要な役割をもっています。
脳機能の低下は認知機能を低下させてしまい、重篤症状になると脳の萎縮や認知症などの症状が
でてきます。また、認知機能は老化と共に低下します。

クリルオイルにはDHA・EPA・アスタキサンチンが含まれており、脳の酸化ストレスの改善、炎症の
緩和など認知機能に対する防御機能をもっています。クリルオイルが老化による認知機能の改善に
有効作用するか、老化を加速させたモデル動物においてこの老化による認知機能のクリルオイルの
摂取による改善が調べられました。

その結果、クリルオイルは脳酸化ストレス物質の低下及び、アルツハイマー病原因物質を低下させる
ことが分かりました。このような、クリルオイルの認知機能改善効果は人間においても多く確かめら
れていますが、どのような経路で、また、原因物質の抑制作用等直接測定することができません。
今回、モデル動物において測定された結果は人間にもあてはめるこができます。

出展:The Protective Effect of Antarctic Krill Oil on Cognitive Function by Inhibiting Oxidative Stress
in the Brain of Senescence-Accelerated Prone Mouse Strain 8 (SAMP8) Mice. J Food Sci. 2018 Jan 19.