もっと元気に、もっと美しく、さらに快適な明日を創りたい

三洋薬品グループ > 健康豆知識 > 女性の骨に対する抗炎症性の食事の効果

健康豆知識

健康

2018.03.07

女性の骨に対する抗炎症性の食事の効果

抗炎症性の高い栄養が多く含まれる食品(野菜や果物、魚や全粒穀類など)は、
女性の骨の健康を高め、骨折を予防する可能性があるという米国オハイオ州立大学の研究をご紹介します。

研究者らは、50歳から79歳までの女性約16万人を調査の対象とし、
まず対象者の約3カ月間の食事の内容を元に、炎症性スコアを割り当てました。

6年の追跡調査後、最も炎症性スコアの低い食事を摂りつづけた女性たちは、
最も炎症性スコアの高い食事を摂りつづけた女性たちと比べ、骨密度の減少が
少なかったという結果が出たのです。

調査対象者の若い女性グループ(63歳未満)においては、炎症性スコアの高い食事を摂っていた女性は、
炎症性スコアが最も低い食事の女性と比べ、股関節骨折リスクがおよそ50%増加というデータが出ました。

「この結果は、質が高く、炎症性の少ない食事は、若年女性の股関節骨折のリスク低減において、
特に重要である可能性がある」と研究者は述べています。

「今回の調査結果は、質の高い脂質、植物性食品、全粒穀類が多く含まれる食事を選ぶことで、
女性の骨の健康は、恩恵を受ける可能性があることを示唆している」と研究者は述べています。

 

【参考文献】
Dietary Inflammatory Index, Bone Mineral Density, and Risk of Fracture in Postmenopausal Women: Results From the Women’s Health Initiative