もっと元気に、もっと美しく、さらに快適な明日を創りたい

三洋薬品グループ > 健康豆知識 > 脳機能の活性化には このオメガ3脂肪酸

健康豆知識

健康

2018.04.04

脳機能の活性化には このオメガ3脂肪酸

認知症に良いとされるオメガ3脂肪酸ですが、何から摂れるオメガ3脂肪酸が脳の機能サポートに
優れているのか
、今回はある計算処理テストによって得られた調査データをご紹介します。

まず、健康な男性45名をランダムに3つのグループに分けます。そして各グループには、
A.プラセボ(中佐脂肪酸)B.イワシオイル C.クリルオイル(オキアミ抽出油)を
3か月間摂取してもらい、ある計算テストを行ってもらいました。

その結果、計算中のテスト対象者45名の脳内を調べたところ、3グループのうち、
Cグループ(クリルオイル摂取者)のオキシヘモグロビンの濃度が一番高まっていることがわかりました。※

これにより、EPA・DHA濃度の高いイワシオイルよりもクリルオイルの方が、脳機能の活性化が期待できる
ということがわかりました。調査の論文によると、クリルオイルに含まれるDHA・EPAがリン脂質という構造を
持っていることが、脳機能を活性化させる効果をもたらしていると
結論付けています。

クリルオイルはサプリメントで摂取することが可能です。
いつまでも若々しく元気にすごしたい方はクリルオイルを試してみるとよいでしょう。

 

出典:韓 力, 辻 智子(2014)「n-3系脂肪酸素材クリルオイルの機能性」,『脂質栄養学』 23(1),p.23-25,日本脂質栄養学会

※補足
赤血球の色素ヘモグロビンは、細胞へ酸素を運ぶトラックの役目を持ちます。
計算などの高度な情報処理を行うとき、脳の一部では血流が増加し、
酸素と結びついたヘモグロビン(オキシヘモグロビン)の濃度が高まることが知られています。
脳機能が活性化されているか調べる方法として、このオキシヘモグロビンの濃度を測るという方法があります。