もっと元気に、もっと美しく、さらに快適な明日を創りたい

健康豆知識

健康

2018.05.01

五月病を防ぐには

五月病は正式な病名ではなく、決まった概念や定義があるわけではありません。
元来、大学入学後の学生が5月の連休後くらいからうつ的気分に見舞われ、無気力な状態になる事からついた病名です。
5月に限らず、また学生だけではなく社会人にも多く見られる病態です。

五月病によく見られる症状は、抑うつ気分・思考抑制・不安感・焦りなどで、不眠・強い疲労感・やる気がでないと訴える場合が多いようです。
多くの人が通勤や通学にストレスを感じ始め、ストレスから、通勤時の電車内や大事な会議などの場面で突然トイレに行きたくなってしまう機能性胃腸症や過敏性腸症になる人も増加します。
新たな環境に適応できず焦りがストレスになり、「何とかしなければ」と思えば思うほど、深みにはまってしまうわけです。

五月病を防ぐにはストレスを貯めないこと。
スポーツや音楽を聴く、読書をするなど、自分に合ったストレスの解消法を見つけましょう。

またバランスの良い食事も重要です。
精神的なストレス、肉体的なストレスに効果のある栄養素は「カルシウム」「ビタミンC」「ビタミンB群」です。サプリメントを上手に併用して、充実した生活を送りましょう。

参照:Healthy trivia 健康豆知識より、サプリメント健康バイブル(小学館)、健康食品Q&A(じほう)