もっと元気に、もっと美しく、さらに快適な明日を創りたい

三洋薬品グループ > 健康豆知識 > 糖類ゼロ、糖質ゼロ、無糖、低糖、微糖の違いについて

健康豆知識

健康

2018.05.08

糖類ゼロ、糖質ゼロ、無糖、低糖、微糖の違いについて

糖類ゼロ、糖質ゼロ、無糖、低糖、微糖の違いについて。

最近の健康志向と相まって、缶コーヒーやお酒などの飲料では「糖質カット」や「糖類ゼロ」「糖質オフ」されたものが人気です。
この糖質という言葉、「糖分・砂糖が入って無い」とか「カロリーが少ない」という印象を持つ人もいらっしゃると思います。
「オフ」とか「カット」とか書いてあると、その魅惑的な言葉に惑わされて、「ちょっと良いかもしれない」となんとなく選んでしまいがちですが、では、糖分を控えたいときは、どれを選べばよいと思いますか?

■糖質ゼロ
最終商品に含まれる糖質の量が100mlあたり0.5g以下である
■糖類ゼロ
最終商品に含まれる糖類の量が100mlあたり0.5g以下である
■無糖
無糖、そしてシュガーレスやノンシュガーも糖類ゼロと同じ
■低糖
最終商品に含まれる糖類の量が100mlあたり2.5g以下である
■微糖
微糖、そして「糖分ひかえめ」も低糖と同じ

糖分を控えたいなら、どれを選ぶべきでしょうか。
無糖=糖類ゼロ(100mlあたり糖類0.5g以下)で、低糖=微糖(100mlあたり糖類2.5g以下)ですので、低糖や微糖より糖類ゼロの方が糖分が少ない。
しかし糖質ゼロは、それらの糖類全てを合わせて「100mlあたり0.5g以下」と定められていますので、「糖分が少ないのは糖質ゼロ」と言う事になります。

上記より、糖分を抑えたいとき、ダイエットするときは糖質ゼロを選ぶと良いでしょう。

【参考】:林先生が驚く初耳学 2016.12.18放送分(22時00分~22時54分 TBS)