もっと元気に、もっと美しく、さらに快適な明日を創りたい

三洋薬品グループ > 健康豆知識 > 不十分な睡眠は太る要因に?

健康豆知識

健康

2018.06.15

不十分な睡眠は太る要因に?

不十分な睡眠の者は、過体重、肥満の可能性が高く、代謝的健康が悪い傾向であるようだ、という英国リーズ大学等からの報告です。
今回の研究では、睡眠時間、食事、体重との関連を調査しただけでなく、血圧、血中コレステロール、血糖、甲状腺機能等、代謝性健康全体の他の指標との関連も調査しています。

今回の研究対象者は、睡眠時間、食事摂取記録の得られた 1,615 人の成人。
サブグループにおいて、血液検査、体重、ウエスト周囲径、血圧を調査し、睡眠時間と生物学的パラメータとの関連を調査しています。

結果は1晩平均 6 時間睡眠の者は、1 晩 9 時間の睡眠時間の者より、ウエスト周囲径が3cm 大きかったとの事
そして、短時間睡眠の者は、体重もより重く、HDL コレステロール濃度低下とも関連したとの報告です。

興味深いことに、今回の研究では、短時間睡眠と健康的ではない食事との関連性は、認められなかったとの事。
他の研究では、短時間睡眠は、食生活の選択肢の悪化につながる可能性が示唆されています

今回の知見は、不十分な睡眠は、糖尿病等の代謝疾患の発症の一因となる可能性があるというエビデンスを補強するものと言えます。

出典:Gregory D. M. Potter,Janet E. Cade,Laura J. Hardie/Published:July 27, 2017/Longer
sleep is associated with lower BMI and favorable metabolic profiles in UK adults: Findings
from the National Diet and Nutrition Survey