もっと元気に、もっと美しく、さらに快適な明日を創りたい

三洋薬品グループ > 健康豆知識 > 中年期のフィットネスはうつ病のリスクを下げる?

健康豆知識

健康

2018.07.13

中年期のフィットネスはうつ病のリスクを下げる?

歩中年期のフィットネスレベルが高いと、65歳以降のうつ病発症低下、心血管疾患(CVD)による死亡リスクが低下するようだ、という米国テキサス州ダラスにあるクーパー研究所などからの報告です。
晩年のうつ発症後のCVDによる死亡リスクも低下したとの事。

運動試験で推定された心肺フィットネスは、慢性疾患、CVDイベント、死亡率と独立して関連した変容可能なリスク要因であると報告されています。
しかしながら、中年期のフィットネスレベルと晩年のうつ病の発症リスク、CVD死亡リスク、うつ病診断後のCVD死亡リスクとの関連は明らかにされていなかったとの事です。

今回の研究は、地域ベースの予防医学クリニックにおける縦断的コホート研究です。データは1971年1月13日から2009年12月31日まで収集、2015年10月6日から2017年8月14日まで分析したものとなります。

メディケアによるフォローアップ後、うつ病診断2,701症例、うつ病を伴わないCVDに起因する死亡610症例、うつ病後CVDに起因する死亡231症例が観察されました。

結果は、中年期のフィットネスレベル低い者と比し、フィットネスレベルが高い者は、うつ病のリスクが16%低下したとの事。
また、中年期のフィットネスレベル低い者と比しフィットネスレベルの高い者は、うつ病を伴わないCVDによる死亡リスクが61%低下。
フィットネスレベルが高い者は、フィットネスレベル低い者と比し、うつ病診断後のCVDによる死亡リスクが56%低下したと報告しました。

出典:Benjamin L. Willis, MD, MPH. Association of Midlife Cardiorespiratory Fitness With Incident Depression and Cardiovascular Death After Depression in Later Life. JAMA Psychiatry. Published online June 27, 2018. doi:10.1001/jamapsychiatry.2018.1467