もっと元気に、もっと美しく、さらに快適な明日を創りたい

三洋薬品グループ > 健康豆知識 > 化粧品は車の中に放置しない

健康豆知識

2018.07.26

化粧品は車の中に放置しない

今の季節、化粧品を車に置いてある方は、車から離れるときには必ず化粧品を持って出るようにしましょう。

屋外に駐車している車の中は、ご存知のとおり思いがけないほど高温になることがあります。

たとえば炎天下に駐車された車では、窓を閉め切った状態でのピーク時の車内温度は50℃以上、ダッシュボードは70℃以上になることがありました。
(2012年8月 一般社団法人 日本自動車連盟 (JAF)調べ)

そのため車の中に化粧品を置いたままにしておくと、高温によって口紅が溶けたり、中身が膨張して樹脂容器がふくらんだり、エアゾール製品やネイルカラーの容器が破裂するなどの
様々なトラブルが起きることがあります。

化粧品は直射日光のあたらない常温の場所に保管するのが基本です。
外気温が上がる夏は特に気をつけましょう。

参照元:日本化粧品検定協会ホームページ https://www.jcia.org/n/pub/use/a/#3