もっと元気に、もっと美しく、さらに快適な明日を創りたい

三洋薬品グループ > 健康豆知識 > ビタミンCの歯肉炎に対する効果

健康豆知識

健康

2018.08.01

ビタミンCの歯肉炎に対する効果

ビタミンCと聞くと、お肌に良いビタミン、疲れに効くビタミン、
風邪の予防に良いビタミンといったイメージがありますが、実はこんな
場所でもビタミンCが活躍してくれるかもしれないという研究論文が発表されています。

健康な非喫煙者11名の男性を対象に、7日間ごとにアスコルビン酸(ビタミンC)の
摂取量を変えて食事を取っていただき、その期間中の対象者の口腔環境を調べてみました。

その結果、歯肉の炎症の測定値はアスコルビン酸の摂取量の変化に応じて、変わっていた
のです。そしてアスコルビン酸が歯肉炎の初期段階、特に疼きや出血の症状に対して影響を
持つ可能性があることが分かりました。

ビタミンCを配合した歯磨き粉も最近では販売されており、口腔環境の改善にも
ビタミンCは注目を集めています。
ビタミンCは推奨摂取量を上回る量を、日々摂ることで更なる健康効果を得られることが
注目されています。水溶性のため、食事から十二分に摂ることが難しい場合は、サプリメント
などで補うよう工夫すると良いでしょう。

【参考文献】
Leggott PJ, Robertson PB, Rothman DL, Murray PA, Jacob RA.(1986)
“The effect of controlled ascorbic acid depletion and supplementation on periodontal health.”
J Periodontol. 1986 Aug;57(8):480-5.