もっと元気に、もっと美しく、さらに快適な明日を創りたい

三洋薬品グループ > 健康豆知識 > パーキンソン病マウスモデルのスクワレン /スクワランの影響

健康豆知識

健康

2018.09.10

パーキンソン病マウスモデルのスクワレン /スクワランの影響

活性酸素は、パーキンソン病(PD)の病因に関与しています。従って、抗酸化物質は、この疾患を予防する可能性のある方法として注目を集めています。天然のトリテルペンおよびコレステロールの生合成における中間体であるスクアレンは、活性酸素消去活性を有することが知られています。マウスモデルに対するスクアレンまたはスクワランの経口投与の効果を調べました。このモデルにおけるスクワレンまたはスクワラン治療の効果は、パーキンソン病(PD)の治療における可能性をしめしています。

カブトH 1、Yamanushi TT、Janjua N、高山F、Mankura M。
PMID: 23357814