もっと元気に、もっと美しく、さらに快適な明日を創りたい

三洋薬品グループ > 健康豆知識 > 研磨剤の「医薬部外品」と「化粧品」の違いとは

健康豆知識

健康

2018.09.27

研磨剤の「医薬部外品」と「化粧品」の違いとは

歯磨剤のように、人体に使用される製品は、正しい使い方、適正な品質を確保するために、
医薬品医療機器等法という法律で規制されています。

歯磨剤は医薬品医療機器等法上、「医薬部外品」と「化粧品」に区別され、
市場で販売されている歯磨剤は「医薬部外品」または「化粧品」に属しています。

歯磨剤の基本的な成分は、物理的に歯の汚れを落とし、歯の表面をきれいにする清掃剤(研磨剤)、
細かな泡立ちによって口中のすみずみの汚れを取りやすくする清掃助剤・発泡剤、その他に粘結剤、香味剤などです。

化粧品の歯磨剤は、これらの成分の機能の総合された結果として、
「歯を白くする、口中を浄化する、ムシ歯を防ぐ、口臭を防ぐ、歯のやにを取る、歯垢を除去する、歯石の沈着を防ぐ」など
種々の働きを持っています。

医薬部外品の歯磨剤は、上記の基本的な成分の他に、フッ化物、殺菌剤、抗炎症剤など各種の薬効成分を配合することによって、「むし歯の発生及び進行の予防」「歯肉炎・歯周炎の予防」などの、化粧品の歯磨剤にはなかった効果を付加したものです。

参照元:日本歯科工業会 https://www.hamigaki.gr.jp/hamigaki1/qanda.html