もっと元気に、もっと美しく、さらに快適な明日を創りたい

三洋薬品グループ > 健康豆知識 > HMBとビタミンDでサルコペニアを予防!

健康豆知識

健康

2018.11.14

HMBとビタミンDでサルコペニアを予防!

これまでは節食を心がけて生活習慣病を防ぐことが、長生きの肝心要とされてきましたが、
近年では体の機能、特に骨や筋肉の量を維持するために、十分な食事すなわち栄養と運動を
続けることが、健康寿命を伸ばす常識となってきています。

サルコペニア(加齢性筋減少症)は、主に加齢に伴う筋量や筋力の減少を意味し、
今後超高齢化を迎える我が国において、サルコペニアによる要介護状態の予防、
身体機能の維持・改善は重要な課題になってきます。

サルコペニアの成因として、筋タンパク合成作用の低下、筋分解機能亢進が示唆されていますが、
もう一つの可能性としてinflammaging(インフラメージング)、いわゆる炎症による老化の関与が
あげられます。加齢によりマクロファージが様々な外的刺激にさらされ、炎症性サイトカイン分泌が
亢進し、炎症が老化を促進する仕組みです。
また、ビタミンD 不足もサルコペニアのリスク要因とされています。

サルコペニアの治療には、栄養、ビタミンD、運動が重要とされており、
東京大学医学部付属病院老年病科の矢可部満隆医師らは、HMBやビタミンDの抗炎症作用のメカニズムと、
それによるサルコペニア改善効果について検討されました。

その結果、HMBもビタミンDも炎症抑制において効果を発揮しました。
両者の炎症抑制の作用機序は異なり、HMBとビタミンDを併用することで、
より相乗的な効果をもたらすと考えられます。
また、ビタミンDの値が低い高齢者ではHMBのみでは筋力が改善しなかったという研究報告もあるため、
サルコペニアの改善にはビタミンDとHMBの両方が必要であることが示唆されます。

からだが衰えたなと感じる方は、HMBやビタミンDなど食事では補い切れない栄養を
摂ることも心がけていきましょう。

参考論文:「ビタミンD、アミノ酸による炎症抑制機構とサルコペニア治療可能性の検討」
     矢可部満隆(東京大学医学部付属病院老年病科)