もっと元気に、もっと美しく、さらに快適な明日を創りたい

三洋薬品グループ > 健康豆知識 > クリルオイルとアルコール性脂肪肝

健康豆知識

健康

2018.11.28

クリルオイルとアルコール性脂肪肝

日頃からお酒が好きな人もそうでない人も、年末年始にかけて、何かとアルコールを飲む機会が増えてくると思います。
適度な量のアルコールは体に良いとされますが、ついつい飲みすぎてしまうことがあるものです。

アルコールの90%以上は肝臓で解毒されるので、お酒を飲みすぎることで肝臓の負担が増え、あらゆる肝臓疾患を引き起こします。
その中でもアルコール性脂肪肝は、アルコールを大量に飲むことによって、肝臓の働きに変調をきたし、
脂肪が溜まり肝臓が大きくなった状態で、だるさ、吐き気、疲れやすい、食欲不振などの症状が出ます。

また、肝臓は沈黙の臓器と呼ばれることもあり、気付かないうちに悪くなっていることも多くあります。
日本水産株式会社・生活機能科学研究所において、アルコール誘導性脂肪肝動物モデルを用いて、
クリルオイルのアルコール性脂肪肝に及ぼす影響が検討されました。

この結果、クリルオイルはアルコール性脂肪肝の形成を顕著に抑制し、かつ既に形成されたアルコール性脂肪肝を有意に改善しました。
これまでお酒が好きだった人も、これからお酒を飲む機会が増える人もクリルオイルを積極的に摂取し、アルコール性脂肪肝に気を付けましょう。

参考論文:「Effect of Krill Oil on Alcoholic Fatty Liver」
      日本水産株式会社・生活機能科学研究所  韓 力、辻 智子