もっと元気に、もっと美しく、さらに快適な明日を創りたい

三洋薬品グループ > 健康豆知識 > オメガ3脂肪酸が早産のリスクを減少させる

健康豆知識

健康

2018.11.30

オメガ3脂肪酸が早産のリスクを減少させる

妊娠中のオメガ-3系長鎖不飽和脂肪酸(LCPUFA)の摂取の増加は、早産リスクの低下と関係があるようだ、という南部豪州保健医療研究所(SAHMRI)からの研究報告。

早産は、世界中で5歳未満の小児の主要な死因であり、そのために毎年100万人近い子供が亡くなっている。早産はまた、視覚障害、発達遅延、学習困難など広範な長期症状のリスクを高める。

「我々は早産が世界的に重要な健康問題であり、毎年1500万人に達する」と主任研究者のフィリッパ・ミドルトン准教授は語っている。「大部分の妊娠期間は38-42週間だが、早産児は37週よりも前に生まれる。早過ぎる誕生は死亡や貧しい健康のリスクを高めるのである。」

研究チームは、早産リスクにおける長鎖オメガ-3系脂肪酸、特に魚に豊富に含まれるDHAとEPA、の働きに注目して系統的レビューを実施した。70件のランダム化臨床試験を解析した結果、妊婦が毎日長鎖オメガ-3系脂肪酸を摂取することが、以下のことと関連することを発見した。

●早産(37週未満)のリスクが11%低下
●超早産児(34週未満)のリスクが42%低下
●低出生体重児(2,500g未満)のリスクが10%低下

「早産を防止する方法は多くないので、この新しい知見は妊婦、子供、医療者にとって極めて重要である」とミドルトン准教授は言う。「我々は早産の原因を完全に理解していないので、その予測と防止は常に挑戦である。それが世界中の研究者にとって、妊婦へのオメガ-3系脂肪酸のサプリメントが大きな興味を持つ理由のひとつである。」

出典:Middleton P, Gomersall JC, Gould JF, Shepherd E, Olsen SF, Makrides M Omega-3 fatty acid addition during pregnancy https://www.cochranelibrary.com/cdsr/doi/10.1002/14651858.CD003402.pub3/full