もっと元気に、もっと美しく、さらに快適な明日を創りたい

三洋薬品グループ > 健康豆知識 > プロテイン(タンパク質)の摂取効果は摂取量依存的

健康豆知識

健康

2018.12.03

プロテイン(タンパク質)の摂取効果は摂取量依存的

 韓国漢陽大学医学部の研究チームの調査によって、栄養不足の老人へのプロテイン投与は摂取量依存的に効果を発揮することがわかった。

 70歳から85歳の高齢者を対象に0.8g/kg、1.2g/kg、1.5g/kgのプロテインの投与12週間行った。12週間後に、骨格筋等の測定を行った結果、1.5g/kgのプロテインを摂取した人たちの骨格筋量や筋肉脂肪比が0.8g、1.2gのプロテイン摂取した人より高くなった。
 高齢者では、栄養が不足した状態であることが多いと考えられている。そのため、毎日のプロテイン摂取については気持ち多め、または約2倍量摂取が推奨されます。

参考文献:Protein supplementation improves muscle mass and physical performance in undernourished prefrail and frail elderly subjects: a randomized, double-blind, placebo-controlled trial. Am J Clin Nutr. 2018 Nov 1;108(5):1026-1033.