もっと元気に、もっと美しく、さらに快適な明日を創りたい

三洋薬品グループ > 健康豆知識 > ヘアカラーによるアレルギーの原因の多くは有効成分である「酸化染料」によるもの。

健康豆知識

美容

2018.12.20

ヘアカラーによるアレルギーの原因の多くは有効成分である「酸化染料」によるもの。

アレルギーは“遅延型アレルギー”と“即時型アレルギー”に大別されます。
“遅延型アレルギー”の場合、典型的には染毛後6時間~半日くらいより、薬液等が触れた部位にかゆみを感じ、その後に赤み・腫れ・ブツブツなど皮膚の症状が出始め、染毛の48時間後に最もひどくなります。
さらに症状がひどくなると、顔全体が腫れたり、頭皮から滲出液(しんしゅつえき)が出たり、薬液等の接触していないところにまで拡大したりすることがあります。

さらに、症状が出たことに気づかずに使用し続けたり、症状が軽いからとくり返し使用し続けたりすると、まれに、染毛中から染毛直後に突然、全身じんましんや呼吸困難、血圧低下による意識障害等の重い症状が起こり、大変危険な状態に至ることがあります。これを“即時型アレルギー”といいます。

出典:日本ヘアカラー工業会 http://www.jhcia.org/qa/