もっと元気に、もっと美しく、さらに快適な明日を創りたい

三洋薬品グループ > 健康豆知識 > サルコペニアおよびサルコペニア肥満の管理のための新しい可能性

健康豆知識

健康

2019.02.04

サルコペニアおよびサルコペニア肥満の管理のための新しい可能性

サルコペニアおよびサルコペニア肥満の管理のための新しい戦略としてのβ‐ヒドロキシ‐β‐メチル酪酸の可能性
著者:ロッシAP 1、他

サルコペニアは、加齢に伴う骨格筋量および機能の喪失として定義され、高齢者にとっての主要な臨床的問題として認識されています。必須アミノ酸の補給、特に骨格筋で産生されるロイシンの代謝産物であるβ-ヒドロキシ-β-メチルブチレート(HMB)は、健康なまたは虚弱な高齢者の筋肉タンパク質合成を高めるための栄養的アプローチとしていくつかの研究で評価されています。
HMBが筋消耗の治療、筋形成の増加、筋タンパク質代謝回転に好ましい効果をもたらすことにおいて有効であることを示しています。高齢者を対象とした臨床試験では、HMBが高齢者のサルコペニアの進行を軽減することが確認されています。HMBの補給は、高齢者における骨格筋の質量および強度の増加をもたらし、そしてその効果は、身体運動と組み合わせるとさらに大きい。サルコペニック肥満管理におけるHMBの役割はまだ議論中であり、結論として、HMBは高齢者の筋肉量と筋力を増強するのに効果的であると思われます。それほど確実ではないが、脂肪量の減少、したがってサルコペニア性肥満の治療におけるHMB補給の役割はそうである。

※サルコペニア肥満とは、サルコペニアは「筋肉量の減少」を意味し、糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病を悪化させる原因となる肥満とは結び付けられていませんでした。しかし近年、サルコペニア(筋肉量の減少)と肥満(体脂肪の増加)が重なった状態である「サルコペニア肥満」を危惧する声が増えてきました。