もっと元気に、もっと美しく、さらに快適な明日を創りたい

三洋薬品グループ > 健康豆知識 > 大豆イソフラボンとその生体に及ぼす影響

健康豆知識

健康

2019.05.09

大豆イソフラボンとその生体に及ぼす影響

ゲニステインやダイゼインなどの大豆イソフラボンは、エストロゲンなどのさまざまなホルモンと相互作用することができる大豆製品に含まれるフラボノイドです。疫学的研究は、食事中の適切なレベルのイソフラボンが糖尿病等の病気を予防できることを明らかにしています。したがって、大豆イソフラボンの代謝を研究することは重要なことです。

公表された研究の系統的レビューは、イソフラボンの特性評価、そして薬物と生体異物代謝に対する大豆イソフラボンの影響を調査するために行われました。

結果として、
エストロゲン様活性を有する大豆イソフラボンの効果は、抗肥満性、抗酸化性、およびチロシンキナーゼ阻害活性を有するエストロゲン様作用(美白効果)があることが証明されました。

Curr Drug Metab。2019

PMID: 29708073 土井: 10.2174 / 1389200219666180427170213